読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

枕元に競馬。

筋肉式予想法とピロシキ馬券法という競馬予想をメインにあれこれ考えるブログです。

菊花賞2016回顧

こんばんは。先日は菊花賞でしたね。皆さんはいかがだったでしょうか?

それでは菊花賞を振り返っていきたいと思います。

 

予想と結果

f:id:kitapan0310:20161024004506p:plain

このようになりました。カフジプリンス本命だったのですが位置取りが厳しかったですね…前半は良かったのですが後半包まれた形になってしまいました。

3着エアスピネルに関してなんですが、実はパドックを見たとき、馬体がびっくりするくらいムキムキで良かったので複勝買ってしまいました。予想では全くのノーマークだったので申し訳ないです…まぁこの馬も一度も掲示板は外してない割に人気してなかったので妙味のある馬でしたよね。内枠からロスなく末脚をジワジワ使えていたのを見ると、もしかしたら長距離向きかもしれませんね。春天万葉Sが楽しみです。コース取りも良かったです。流石の武豊騎手ですね。

1位のサトノダイヤモンドは「ディープ産駒が菊で勝てない」「サトノの呪い」を見事打ち破ってくれました。実際にレースを見て感動しました。春天や有馬が楽しみです。

そしてディーマジェスティですが、瞬発力はあったもののラスト1Fのもうひと伸びが欲しかったですね。彼は恐らく1800~2400向きだと思います。ですので今後は秋天、JC等の出走するのでは?と思います。

最後にレインボーライン札幌記念でモーリスに迫った長く使える末脚は見事でした。後方からジワジワあそこまで追い詰めたのは大したものです。サトノダイヤモンドディーマジェスティが仕掛けたらそれについていく形は札幌記念を彷彿とさせました。有力な差し馬がいるレースではこの馬はしっかり嵌ると思いますが、自ら仕掛けていけるような競馬も見たいところです。彼はどちらかというと長距離向きですね。エアスピネルと共に活躍が期待できます。

 

まとめと今後の方針

菊花賞を通してハイレベルと言われる三歳馬世代の距離適性を見極めることができたのが最大の収穫でした。今回は回収率100%超えたものの馬券の買い方がまだまだ下手くそですのでその点も精進していきたいです。

また、今後のレースでは馬体についても出来るだけ触れていきたいです。前走との写真の比較もしてみたいですね。

 

まだまだ拙いブログですが、何卒よろしくお願いします。

 

追記

菊花賞のレース映像あったので載せときます


サトノダイヤモンド 菊花賞 2016 本馬場入場、レース、インタビュー 【競馬】